山田りえ
作者略歴

1983年 

多摩美術大学卒業 
1985年  春季創画展に初出品:日本橋高島屋 
1992年  湘南の60人の群像展:藤沢ルミネ(同94年・96年・98年) 
1994年  亜細亜の新しい跳躍展:池袋 韓国文化院 
1995年  亜細亜の新しい跳躍展:ソウル シェラトンウォーカーヒル美術館
個展:鎌倉 タケダエキジビットハウス(同96年・97年) 
1996年  ラ・プリマベーラ展:銀座 アトリエスズキ(同97年) 
1997年  個展:横浜 鶴見画廊(同00年)
フェスティバル・アーツ&ムジーク:フランス ミヨー市美術 
1998年  三菁会展:横浜三越(同99年・00年)
SALON DU BLANC 21 Part5:銀座 ギャラリー向日葵
個展:銀座 柴田悦子画廊(同99年・00年) 
2000年  第10回花の美術大賞展:兵庫県 加西市
10人の日本画展:茅ヶ崎市美術館 
 現 在 無所属 
ヴンダーカンマー

 収集癖があります。本、化石に鉱物、貝殻、香水、庭で拾った鳥の羽、蝉の抜け殻に乾涸びた黄金虫、時計、フィギュア……集めたら気がすんで執着はあまりなく、しかも飽きっぽいのでどれも中途半端。たいした数もないのですが、家のあちこちを脈絡がない妙な物達が占領しています。 「ヴンダーカンマー」という言葉があります。直訳は「不思議の部屋」ですが、実際の意味は「珍品を蒐集したコレクションルーム」のことです。昔欧州の貴族や豪商達が、金に飽かせて世界中の変なものを集めました。これが発展して今の立派な博物館になったそうです。  絵を描いていて、時々これも一種の収集癖なのではないかと思う事があります。私の中にある得体の知れないものを拾い集め、そしてそれが見たいがために 絵筆を持って具現化してるような。  立派な博物館は望むべくもありませんが、絵筆で具現化した収集物で少しはましなヴンダーカンマーが……と願う日々です。

 画家 山田りえ ART FRAGMENTS 22号 掲載

アート販売とアートレンタルのアートジョイTOPへ