中城芳裕
作者略歴

1958年

高知県出身 
1978年 主体展初入選 
1983年 筑波大学大学院修了
1990年 主体展 佳作作家:上野 東京美術館
1991年 主体展 佳作作家 会員推挙:上野 東京美術館 ハマ展協会賞 
1992年 小磯良平大賞展:東京 大丸ミュージアム(同94年・96年・98年・00年・02年)
ジャパン大賞展佳作賞 
1993年  個展:新宿 紀伊国屋画廊(同96年・99年・01年)
日韓洋画家交流展:横浜 横浜市民ギャラリー 
1994年 小磯良平大賞展佳作賞 買上:東京 大丸ミュージアム 
1998年 文化庁現代美術選抜展 
2000年 創立35年記念企画主体美術北海道展:道立近代美術館
現代日本美術展
主体展安田火災美術財団奨励賞 
2002年 第21回安田火災美術財団奨選抜奨励展
2004年  グループ展「六洞展」 鎌倉夢松洞
2005年 中嶋修・中城芳裕・山寺重子三人展 弘文堂画廊
2006年 個展 光画廊
2007年 浅野修・中城芳裕・山寺重子三人展 弘文堂画廊
2008年 日本ガラス絵協会展 一枚の絵ギャラリー
2009年 イメージの地平展〈兵庫県立美術館原田の森ギャラリー〉
2011年 新世紀の顔・貌・KAO 30人の自画像展
2012年 公募団体ベストセレクション展
2013年 日本ガラス絵協会展〈銀座井上画廊〉(同14)
現   在  主体美術協会会員 日本ガラス絵協会会員 日本美術家連盟会員
共立女子学園美術科専任教諭・共立女子大学非常勤講師
作家の言葉

■現(うつつ)と夢の真ん中辺り
昔日の少年の頃から中年の今に至るまで、寝つきが悪く寝床で悶々とすることが多い。すると決まって奇妙な妄想が浮かんでくる。
 現と夢の真ん中辺りで、頭の中を異形の動物や人物が徘徊する。
 少年の頃から悪戯描きの様にそうしたものたちの素描を続けてきた。私の作品はそれらを再構成して描いているに過ぎないと思う。観照者側は画面に物語を読んでくれることもあるようだが、本人としては、いつか観た瞬間的な光景だと実感している。
 多くの人は、同じような経験をしても絵にしないまま通り過ぎて、何事も無かったかの様に実生活を営むことができるのだろうが、私の場合は、それらを絵にしなければ精神的安定が保てないようだ。
 夢日記でもない、覚醒時の写実でもない、幻惑の拙い表出ではあるのだが、それでも個人的には他者からの共感を望んでいる。 画家 中城芳裕
弊社発行「ART FRAGMENTS」2009.5-4号 掲載

アート販売とアートレンタルのアートジョイTOPへ